ホーム » 雑記 » 日経平均やNYダウの上げ下げは金額ではなく割合(%)で見ましょう。

プロフィール



ぜんぜん

田舎に住む30代の
理系院卒会社員です。
すでに結婚しており
子供も一人います。

日々の生活では
できるだけ節約をして
そのお金で株などを購入して
株主優待や配当金を得て
資産を増やし続けることを
目標としています。

読者の方には有益な情報を
発信できるように
心がけていきますので
宜しくお願い致します。

資産の推移
2013年12月  980万円
2014年12月 1310万円
2015年12月 1560万円
2016年12月 2020万円
2017年12月 2500万円

自己紹介はこちらから↓
https://zennwa3.com/self


アクセスランキング

アーカイブ

follow us in feedly

PVアクセスランキング にほんブログ村

日経平均やNYダウの上げ下げは金額ではなく割合(%)で見ましょう。


ぜんばんは!

ぜんぜんです。

さて、今回は日経平均やNYダウの上げ下げは金額ではなく割合(%)で見ましょう。

という話です。

1クリック応援お願いします!
↓好きなジャンルを押してください!
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ
にほんブログ村 株ブログへ

スポンサードリンク

日経平均やNYダウを見るときは割合で見ましょう。

具体的に日経平均で言うと

ヤフーニュースのトップなどで見ると

「日経平均一時1000円超安」みたいな見出しになっている。

1000円安と言っても

日経平均が2万円の時と日経平均が1万円の時の1000円安では

割合が2倍違います。

 

2万円なら1000円は5%ですが、

1万円だと1000円は10%です。

ここ数年で日経平均が上がったことにより

1000円の変化は大きく感じると思います。

 

ヤフーニュースはニュースを大きく見せたいから金額で表記しているのでしょう。

ニュースが大きく見える方がクリック率が上がるのでしょう。

 

 

最近、日経平均の上げ下げが大きく感じるのは

日経平均が上がったことにも原因があるでしょう。

まあ、1000円安は大きい額と思いますけどね。

 

米国株も同様でNYダウが過去に比べて

大きく上がっているので

今後も金額で見ると印象が大きくなります。

割合で見るようにしましょう。

 

まとめ

日経平均やNYダウは金額ではなく割合(%)で見ましょう。

 




大変励みになります。今日も応援のクリックお願い致します
↓  ↓  
にほんブログ村 株ブログへ


長期投資ランキング


よろしければライン@の登録をよろしくお願い致します。
こちらのライン@では不定期で
ブログでは書けないことや書かないことを配信しております。
興味のある方はぜひ登録してみてください。



PCでご覧の方は、こちらのQRコードから



スマホでご覧の方は、こちらのボタンから
友だち追加



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイト内ランキング

広告