組合

労働組合と会社の春闘について!春闘って何やっているの?

ぜんばんは!

ぜんぜんです。

さて、今回は労働組合と会社の春闘について!春闘って何やっているの?という話です。

春闘とは

春季生活闘争のことです。

毎年2月から3月にかけて

労働組合が賃金や一時金(ボーナス)について

要求を出して会社と交渉することです。

春闘は実際は何してるの?

基本的に組合と会社が労働条件等の賃金交渉をしています。

主に賃金や一時金の話を行います。

僕は組合の偉い人ではないので

実際にどのような交渉がされているか

具体的にはわかりませんが、

だいたいどこの組合も同じような交渉をしていると考えています。

組合側は賃金と一時金(ボーナス)をこれぐらい欲しいと言い

会社は払いたくないって言い合う場です。

組合側は最終手段としてストライキをすることができますが

日本の会社ではほとんど起こりませんね。

 

春闘の賃金交渉について

賃金は世間相場や産業別で他社に合わせて交渉することが多いです。

世間相場に合わせて交渉するとは

例えば、トヨタが金額を決めたら

「トヨタが〇〇円の賃金上昇だったので、

うちの会社は〇〇円上げる」という

大手の会社の賃金を上昇を基準に各会社が決めるということです。

 

ただし、これは2017年ぐらいまでで

2018年からは格差是正のため

中小企業は独自で賃金を上げようという流れが世間的にあります。

 

なぜ、世間相場や他社に合わせて賃金を上げるかというと

賃金を上げると

会社側から見ると社員の年収が上がり、

会社の固定費が上がります。

賃金は一度上げてしまうと非常に下げずらいです。

〇〇ショックなどの不況になった時に

固定費が大きいと赤字額が大きくなるので、

会社としては賃金はあまり大きく上げたくないのが本音でしょう。

一方で他社より年収が低い会社になると

同じ業種で優秀な新入社員が入りにくくなったり

優秀な社員が転職で他社に流れてしまうことになるので、

結果として会社は他社に合わせて賃金を決めやすい傾向があります。

会社視点で考えると

賃金を上げるのはリスクになるので慎重になりますね。

逆に労働者側としては一度上げてもらえると

下がりづらいので

賃金を上げてもらった方が嬉しいですね。

 

春闘の一時金(ボーナス)交渉について

春闘の一時金(ボーナス)の交渉についてです。

まず、なぜ一時金(ボーナス)と表記しているかというと

一時金(ボーナス)も生活に必要なお金であることから

一時金と表記しています。

ボーナスと書くと生活に必要ないお金のように見えるから

一時金と表記しています。

 

一時金(ボーナス)についてですが

一時金(ボーナス)は年ごとで変更できます。

会社として年ごとで上げ下げがやりやすいです。

したがって、会社は自社の業績と連動させて上下させやすいです。

たとえば、今年は利益が多いから一時金(ボーナス)を例年より多く出すとか

今年は不景気だから一時金(ボーナス)を少なくするなど

会社の経営状況に合わせて金額を決めます。

 

まとめ

春闘とは賃金や一時金(ボーナス)などの労働条件を交渉する。

賃金は世間相場に合わせて決まりやすく

一時金(ボーナス)は自社の業績に合わせて決まりやすい。

 

労働組合費の平均相場はいくらか?あなたの会社の労働組合費は高い? ぜんばんは! ぜんぜんです。 さて、今回は労働組合費の平均はいくらぐらいか?についてです ...

 

Let’s enjoy investment life


大変励みになります。今日も応援のクリックお願い致します
↓  ↓  
にほんブログ村 株ブログへ




長期投資ランキング


よろしければライン@の登録をよろしくお願い致します。
こちらのライン@では不定期で
ブログでは書けないことや書かないことを配信しております。
興味のある方はぜひ登録してみてください。



PCでご覧の方は、こちらのQRコードから



スマホでご覧の方は、こちらのボタンから
友だち追加