ホーム » 株用語 » 【株用語】近年、数ある経営指標の中で最も注目されているROE(自己資本利益率)とは

プロフィール



ぜんぜん

田舎に住む30代の
理系院卒会社員です。
すでに結婚しており
子供も一人います。

日々の生活では
できるだけ節約をして
そのお金で株などを購入して
株主優待や配当金を得て
資産を増やし続けることを
目標としています。

読者の方には有益な情報を
発信できるように
心がけていきますので
宜しくお願い致します。

資産の推移
2013年12月  980万円
2014年12月 1310万円
2015年12月 1560万円
2016年12月 2020万円
2017年12月 2500万円

自己紹介はこちらから↓
https://zennwa3.com/self


アクセスランキング

アーカイブ

follow us in feedly

PVアクセスランキング にほんブログ村

【株用語】近年、数ある経営指標の中で最も注目されているROE(自己資本利益率)とは


ぜんばんは

先日東京に行って来ました。

やはり東京はとても暑いです。

ヒートアイランド現象の影響でしょう。

まあ、人口が多いので仕方ないですね。

皆さん熱中症には気をつけましょう。

1クリック応援お願いします!
↓好きなジャンルを押してください!
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

にほんブログ村 株ブログへ

スポンサードリンク

さて、今回は近年、数ある経営指標の中で最も注目されているROE(自己資本利益率)についてです。

正直、僕は最近まで知らなかったのですが

株のブログをやっている人が

株用語について、ある程度知っておかないといけないなと思い

ちょくちょく勉強するようにしています。

今回はその知識を整理するために書いているブログです。

ブログに書くと知識が整理されたり、新たなが発見があったりするんですよね。

 

ROEとは

一言で表すと

「自己資本」でどれだけ稼いだか

です。

純利益/自己資本×100(%)で表せます。

利益が大きいとROEは大きくなり、利益が小さいとROEは小さくなります。

また、自己資本が大きいとROEは小さくなり、自己資本が小さいとROEは大きくなります。

ROEでは「自己資本を使って利益に繋げているか」を見ることができるのです。

ROEが大きいと利益を作る経営がうまいということになります。

逆に小さいと利益を作るのが上手でないといことになります。

 

 

ROEは実際どのくらいあればいいのか?

調べてみると10%を超えていると優良企業と言えるみたいです。

ただし、負債が多いことによりROEが大きくなるケースもあるので

自己資本比率が高くて、ROEが高い銘柄であることが重要です。

ROEが10%以上で自己資本比率が50%以上であれば

優良企業と言えるでしょう。

 

ROEとPERとPBRの関係式

ROE×PER=PBR

ちなみに普段僕が使用しているグレアムのミックス係数は下記のように表せます。

(グレアムのミックス係数)=PER×PBR=ROE×(PER)^2=(PBR)^2/ROE

 

まとめ

ROEが10%以上で自己資本比率が50%以上の企業であれば

経営が上手な会社と言えます。

ただし、これは他の投資家も知っていることなので

株価には織り込み済みだと思った方がいいです。

 

グレアムのミックス係数,PER,PBR,ROEの関係性についてはこちらから↓

グレアムのミックス係数とPER,PBR,ROEの関係性と買い時の数値とは

 

実績PERと予想PERの違いについてはこちらから↓

【株用語】実績PERと予想PERの違いとその使い方は?

 

Let’s enjoy investment life!




大変励みになります。今日も応援のクリックお願い致します
↓  ↓  
にほんブログ村 株ブログへ


長期投資ランキング


よろしければライン@の登録をよろしくお願い致します。
こちらのライン@では不定期で
ブログでは書けないことや書かないことを配信しております。
興味のある方はぜひ登録してみてください。



PCでご覧の方は、こちらのQRコードから



スマホでご覧の方は、こちらのボタンから
友だち追加

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください