ホーム » 資産を増やす方法 » 支出を減らす » 子供がいる家庭で食費を節約する3つの方法

プロフィール



ぜんぜん

田舎に住む30代の
理系院卒会社員です。
すでに結婚しており
子供も一人います。

日々の生活では
できるだけ節約をして
そのお金で株などを購入して
株主優待や配当金を得て
資産を増やし続けることを
目標としています。

読者の方には有益な情報を
発信できるように
心がけていきますので
宜しくお願い致します。

資産の推移
2013年12月  980万円
2014年12月 1310万円
2015年12月 1560万円
2016年12月 2020万円
2017年12月 2500万円

自己紹介はこちらから↓
https://zennwa3.com/self


アクセスランキング

アーカイブ

follow us in feedly

PVアクセスランキング にほんブログ村

子供がいる家庭で食費を節約する3つの方法


ぜんばんは!

ぜんぜんです。

さて、今回は子供がいる家庭で食費を節約する方法といういことで

自称節約上手の方に手伝ってもらって一緒に記事を書きました。

(ほとんど書いてもらったけどな)

1クリック応援お願いします!
↓好きなジャンルを押してください!
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

にほんブログ村 株ブログへ

スポンサードリンク

食費は家計の中で支出割合が多い

家計費の中でも割合が大きくです。

実際家計簿とか付けている人はわかると思いますが

支出の2割ぐらいあるのではないでしょうか?

節約しやすくて、効果が出やすいのが食費です。

ですが、子供がいる家庭で無理に食費を節約することは禁物です。

なぜなら、育ち盛りの子供には健全な発育のために必要な栄養素があるからです。

食費を無理に節約することで必要な栄養が摂取できないと、

風邪をひきやすい子供になったり、

疲れやすい子供になる危険性があります。

かえって、病院代等で出費がかさむことにもなりかねません。

そこで、子供に必要な栄養はしっかりととりながら、

食費を節約するための3つの方法を紹介します。

 

 

冷凍野菜を活用する

一つ目の方法は、冷凍野菜の活用です。

スーパー等では冷凍された野菜が販売されています。

ほうれん草や小松菜、さといも、カボチャ等様々な冷凍野菜があります。

食費の節約が上手くいかない原因の一つに、

「購入したものを使いきれない。」ということがあります。

特に野菜のような生鮮食品は、日持ちしないため、

腐らせてしまった経験のある人も多いでしょう。

その点、冷凍野菜であれば、

使いたい時に使いたい分だけ使用できるので、

食材を無駄にすることがありません。

しかも、冷凍野菜は面倒な下処理が終わっている商品も多いです。

さといもやかぼちゃのような

下処理が面倒な野菜も簡単に料理に取り入れることができるので、

レシピの幅を広げたり、時間を節約することができます。

さらに、冷凍野菜は実は通常の野菜よりも栄養価が高いと言われています。

なぜなら、冷凍野菜は、旬の時期に収穫後すぐに急速冷凍するため、

栄養価が生の野菜に比べ落ちにくいからです。

価格だけを見ると、冷凍野菜は通常の野菜に比べ、

割高に感じるかもしれません。

ですが、年中安定した価格で購入することができますし、

食材を無駄にしないこと、栄養価が高いことを考えると

長期的には食費の節約に繋がります。

 

週に一度在庫整理日をつくる

二つ目は、週に一度在庫整理日をつくることです。

食費節約のために、一週間程度献立を決めて、

無駄なものを購入しないという方も多いです。

ですが、どんなに無駄のない献立を考えても、

すべての食材を完全に使い切ることは難しく、

必ず在庫が出てしまいます。

そのため、週に一度程度在庫整理の日を作ることで、

その日の食費をゼロに抑え、

在庫を消費することもでき一石二鳥です。

 

在庫整理日のレシピは、

材料にこだわらずにできる、鍋やスープがおすすめです。

野菜類だけでなく余っている

ベーコンやウィンナーを入れるとうまみもでますし、豪華になります。

具だくさんの内容にあるので、栄養面もバッチリですよ。

 

食品を購入するお店を固定する

三つ目は、食品を購入するお店を固定することです。

色々なお店の特売をチェックして、

少しでも安いお店で食品を買うことは節約の方法としてメジャーですよね。

ですが、色々なお店をはしごすることは、

体力も使いますし、時間もかかります。

しかも、一つの商品だけを目当てに入店したのに、

他にも良い商品を見かけるとついつい購入してしまうこともあり、

本当に食費が抑えるのに効果的か疑問です。

 

色々なお店をはしごするよりも、メインのお店を一つ決め、

そのお店のキャンペーン等に積極的に参加する方が

最終的には食費を抑えることになります。

例えば、スーパーによってはポイントカードを

取り入れているところもたくさんありますよね。

色々なスーパーに行くよりも、一つのスーパーで徹底的にポイントを貯めることで、

ポイントがたまりやすくなります。

また、スーパーによって割引のタイミングはそれぞれです。

メインのスーパーの品ぞろえや割引のタイミングを把握すると、

時間を無駄にせず効果的に節約することができますよ。

 

メインのお店としておすすめは、食品だけでなく、

生活用品もそろっている総合スーパーの利用です。

食品はスーパーで、

生活用品はドラッグストアと

お店を使い分けている人も多いですが、

ドラッグストアは食品も置いており、

生活用品を購入するついでにおやつを買ってしまうということもあります。

一つ一つは少額でも一か月で考えるとかなりの額になっていることもあります。

できるだけ、買い物にいくお店は少なくて済むように工夫しましょう。

 

まとめ

食費は家計の中で支出割合が多い。

節約方法としては

・冷凍野菜を活用する

・週に一度在庫整理日をつくる

・食品を購入するお店を固定する

 

Let’s enjoy investment life!


大変励みになります。今日も応援のクリックお願い致します
↓  ↓  
にほんブログ村 株ブログへ




長期投資ランキング


よろしければライン@の登録をよろしくお願い致します。
こちらのライン@では不定期で
ブログでは書けないことや書かないことを配信しております。
興味のある方はぜひ登録してみてください。



PCでご覧の方は、こちらのQRコードから



スマホでご覧の方は、こちらのボタンから
友だち追加

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください