支出を減らす

人生で大きな額の買い物をするときに考えるべきこと

ぜんばんは!

ぜんぜんです。

さて、今回は人生で大きな額の買い物をするときに考えるべきことについての話です。

皆さんの人生で一番大きな額の買い物は何でしょうか?

マイホームを購入した方は家になるでしょう。

また、車が好きな人は車が一番大きな買い物になるんのではないでしょうか?

資産を増やす上で大きな買い物はかなり重要になります。

個人の価値観にもよりますが

よく考えて購入すべきです。

 

大きな買い物をするときはコストと幸福度を考える

結論から言うと、コストと幸福度を考えて買い物をしましょう。

具体的に言うと、マイホームの平均相場は土地つきで4000万円ぐらいです。

https://www.universalhome.co.jp/iebana/funds/665.html

田舎とかだともっと下がるみたいですがだいたいこれぐらいイメージです。

これにローンの金利とか税金とか修繕費とかを加えると

5000万円近く行くのでしょう。

 

このコストとマイホームを買った時に

幸福度がどの程度上がるのかを考えましょう。

夢のマイホームと言われているように

マイホームを買うことで幸福度が非常に上がるなら

家を買うことを検討するのが良いでしょう。

世間体とか親が言っているからという理由で買うのは良くないです。

 

 

幸福度は慣れてくる

幸福度を考える上で注意しなければならないのは

人間は慣れるということです。

マイホームなど買ってすぐは幸福度が上がりますが

慣れてくると幸福感を感じなくなることが多いということです。

 

たとえば、モテナイ男の彼女がいない状態を0として

その男に彼女できて幸せで幸福度が10になったします。

彼女とお付き合い続けると

これが普通になり

彼女とお付き合いしている状態が0になります。

そして、その男が彼女に振られて別れたら

状態としては彼女のいない元の状態ですが

幸福度はー10になってしまう。

そんな感じ、彼女とかほぼいなかったから知らんけど。

幸福感は慣れてしまうことを覚えておきましょう。

これは生活水準を下げれないのと同じです。

投資する資金が無い人や貯金したい人は生活水準を下げましょう。

 

大きな買い物をするときは10年後20年後を考える

僕の場合はコストと幸福度を比べる以外にも

10年後20年後に後悔しない選択肢はどちらかと考えると

買うべきかどうか決めやすくなります。

 

僕は年配の方から家を買って良かったって話を

聞いたことがほぼ無いんですよね。

逆に買わなくて良かったって話はしばしば聞くんですよね。

最近だと会社の年配の方で自分の子供が大人になって

家から出て、一人暮らしを始めた人の話を聞くと

「子供部屋が無駄になった。

今思うと賃貸で良かった。」

ということを話されていました。

 

ぜんぜんの大きな買い物

ちなみに、2018年の現在の僕の場合はVTIかVYMですね。

両方250万円くらい買っていますね。

ちなみに、米国株の個別もいろいろ買っており

VTIやVYMと個別株をトータルすると1200万円ぐらいですね。

これが僕の人生での一番大きな買い物でしょう。

投資全般で言うと日本株やJREITなどもあるのでさらに増えますね。

 

まとめ

大きな買い物をするときはコストと幸福度を考える。

幸福度は慣れてくる。

 

持ち家と賃貸についてはこちらから↓

持ち家と賃貸どちらに住むのがいいのか?

 

Let’s enjoy investment life!


大変励みになります。今日も応援のクリックお願い致します
↓  ↓  
にほんブログ村 株ブログへ




長期投資ランキング


よろしければライン@の登録をよろしくお願い致します。
こちらのライン@では不定期で
ブログでは書けないことや書かないことを配信しております。
興味のある方はぜひ登録してみてください。



PCでご覧の方は、こちらのQRコードから



スマホでご覧の方は、こちらのボタンから
友だち追加