保険

生活費における保険料の金額は最低限にすべき理由

ぜんばんは!

ぜんぜんです。

さて、今回は生活費における保険の金額は最低限にすべき理由です。

意外と高い保険料

皆さんは毎月どのくらいの保険料を払っていますか?

それなりの金額を払っていると思います。

保険料を減らせば支出が減り貯蓄が増えます。

不要な保険はできるだけ入らない方が良いです。

 

保険はギャンブルと似ている

宝くじや競馬などのギャンブルと保険って似ているんですよね

 

宝くじや競馬はみんなからお金を集めて

胴元がお金を一部を回収して

そこから当たりの人に分配します。

胴元が一部回収するので

ギャンブルは基本的に胴元が儲かるようにできています。

 

保険も似たシステムで

保険に加入した人が払った保険料を集めて

災害などにあったなど該当した人にお金が分配され

残りが胴元が回収するようになっています。

これは確率できっちり計算されており

当然、保険会社が儲かるようにできています。

 

 

保険会社は保険加入者で支えられている

保険の営業に来ている人の給料は誰が払っているのでしょうか?

保険の会社には営業の課長や部長がいると思いますが

課長や部長の給料は誰が払っているのでしょうか?

保険会社がそれなりに大きければ

人事部もあるとおもいますが

人事の課長や部長の給料は誰が払っているのでしょうか?

さらには、役員や社長もいますが

彼らの給料は誰が払っているのでしょうか?

さらには、彼らが仕事で使用するパソコンや携帯代など

人に付随するものなどもたくさんあります。

これら全て保険加入者の保険料から支払われているのです。

つまり、保険は割に合わない投資なのです。

保険に入るのは最低限にしましょう。

 

計算されている保険の営業

皆さんの会社には昼休みに保険のおばちゃんは来て

飴とか渡して来ませんか?

僕の会社では保険のおばちゃんがほぼ毎日来ており

飴とかティッシュを渡して来ます。

これは「単純接触効果」や「返報性の原理」というものを使っています。

 

単純接触効果とは

何度も見たり、聞いたりすることで

次第に好意を持つようになることです。

 

保険のおばちゃんは

毎日繰り返し会うことで

好意を持たれるようにしているのです。

 

単純接触効果のウィキペディアのページはこちらから↓

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%98%E7%B4%94%E6%8E%A5%E8%A7%A6%E5%8A%B9%E6%9E%9C

 

返報性の原理とは

他人から何か与えられたらお返ししなくていけない

という感情を持つことです。

スーパーの試食もこれに当たりますね。

また、最近だと無料で出来る

スマホゲームもこれを利用してますね。

 

保険のおばちゃんは

飴やティッシュを渡すことで

保険の成約率を高めているのです。

 

返報性の原理のウィキペディアのページはこちらから↓

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%94%E5%A0%B1%E6%80%A7%E3%81%AE%E5%8E%9F%E7%90%86

 

話はだいぶんそれましたが

新規で保険に入るときは

必要かどうかしっかり考えましょう。

 

まとめ

保険料は最低限にしましょう。

保険はギャンブルと似ている。

保険の営業は計算されている。

 

資産を増やすことに関する記事はこちらから↓

資産を増やす方法を徹底解説!資産を増やすためにやるべき3つのこと

 


大変励みになります。今日も応援のクリックお願い致します
↓  ↓  
にほんブログ村 株ブログへ




長期投資ランキング


よろしければライン@の登録をよろしくお願い致します。
こちらのライン@では不定期で
ブログでは書けないことや書かないことを配信しております。
興味のある方はぜひ登録してみてください。



PCでご覧の方は、こちらのQRコードから



スマホでご覧の方は、こちらのボタンから
友だち追加