ホーム » 雑記 » 投資ブログを読むときの注意点と考え方

プロフィール



ぜんぜん

田舎に住む30代の
理系院卒会社員です。
すでに結婚しており
子供も一人います。

日々の生活では
できるだけ節約をして
そのお金で株などを購入して
株主優待や配当金を得て
資産を増やし続けることを
目標としています。

読者の方には有益な情報を
発信できるように
心がけていきますので
宜しくお願い致します。

資産の推移
2013年12月  980万円
2014年12月 1310万円
2015年12月 1560万円
2016年12月 2020万円
2017年12月 2500万円

自己紹介はこちらから↓
https://zennwa3.com/self


アクセスランキング

アーカイブ

follow us in feedly

PVアクセスランキング にほんブログ村

投資ブログを読むときの注意点と考え方


ぜんばんは

ぜんぜんです。

今回は投資ブログを読むときの注意点と考え方について

1クリック応援お願いします!
↓好きなジャンルを押してください!
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

にほんブログ村 株ブログへ

スポンサードリンク

最近、他の投資ブログを読んで思ったことを書いてみました。

全ての人は自分のやっていることを正しいと思っている

いきなり変な話から始まるけど

先にこの話をしておきたい。

要するに、みんな自分が正しいと思っているよって話です。

この話は結構知らない人が多い。

 

たとえば、タバコを吸っている人はタバコ吸うことが正しいと思っている。

タバコを吸っている人に

『体に悪いからタバコやめたほうがいいよ』って言ってもやめる人はほぼいない。

「いや、俺健康だし」とか

「俺全然病気にならないし」とか

「ジムでトレーニングしてるから大丈夫」などと反論するでしょう。

 

『お金の無駄だからタバコやめた方がいいよ』と言っても

「お金で困ってないし」とか

「そんなに高価なものじゃないよ」とか

まあ、何かしら反論するでしょう。

(もちろん、僕は身内以外にタバコを止めさそうとしたことはない)

 

最初に述べた通り、タバコを吸っている人はタバコを吸うことが正しいので

何を言っても受け入れられません。

その人、本人の過去から今までの行動を否定することになるので

本能的に他の意見を受け入れられません。

本人が何かしら考え方を変えるまで、変わらないでしょう。

 

上記と同じで日本株しかやってない人に

米国株や仮想通貨を勧めてもたいていやらない。

米国株しかやっていない人に

日本株や仮想通貨を勧めてもたいていやらない。

短期トレードしかやってない人に

長期投資を勧めてもたいていやらない。

特に結果を出している人ならなおさら

自分のやり方を変更しない。

なぜなら、彼らは自分がやっていることが正しいと考えているから。

投資は自己責任だし自由にやればいいと思う。

また、自分の得意フィールドで戦うこともとても大切です。

 

 

投資ブログを読むときの注意点

ブログを読むときに注意して欲しいのは

各々のブロガーは自分の投資が正しいと思ってるので

偏見がかなり入っているということ。

ブログを書いている人が日本株のみ、米国株のみ、仮想通貨のみのブログで

他の投資を否定しているなら、偏見がかなり入っているよってこと。

 

たとえば、ラーメン屋がA店とB店とC店と3つあって

どれが美味しいか?ってときに

B店でしかラーメンを食べたことない人が書いた感想って微妙でしょ?

さらに、食べたこともない、A店とC店をまずいとか言ってたら

何言ってんだこいつってなるでしょ?

A店、B店、C店3つとも食べた人の感想が欲しいでしょ?

 

だから、いろいろなものに投資している人のブログは

客観的な意見になりやすいから参考になる。

逆に一つだけの投資しかしてない人のブログは

偏見が入っているブログになっている可能性が高いので

読み手はそれを頭に入れて読みましょう。

(偏見が入っていても、良い情報もある)

 

最近、多いのは日本株や米国株投資家が

仮想通貨を否定することが多い。

逆に、仮想通貨投資家が

日本株や米国株投資家を否定するのってあまり見ない。

これって日本株や米国投資家が

羨ましさや嫉妬や自己否定されていると感じているから

このようなブログの記事やツイッターでつぶやいている

ように見えるんだよね。

 

仮想通貨は億り人がいっぱい出たし、

年間のパフォーマンスも

米国株や日本株に比べてたら全然違いますもんね。

 

この状況から、日本株や米国株投資家は

仮想通貨によって、自分が否定されていると感じて

自分の投資の正しさや共感を得るために

仮想通貨を否定する記事を書いているように見える。

また、読者も同じで、仮想通貨やっていない人からは

凄く共感を得られ、人気が出るという図になっているように見える。

 

このような仮想通貨を否定するような

ブログを読んでて一つ思うのは

仮想通貨を否定するならせめて身銭を切って

仮想通貨に投資してみればって思う。

自分の身銭も切らずに否定するだけって

かなり偏見が入ったなブログだなと思い読んでます。

さっきのラーメンの話でするなら

「B店がうまい!

A店とC店は行ったことないが、見た目がまずそうだから

B店が一番うまい!」

って言ってるようにしか見えないんだよね。

 

仮想通貨を否定する記事での代表的なもの

仮想通貨を例にして偏見の入ったものを紹介するよ。

仮想通貨をやらない理由について

仮想通貨の税金が高い

税金が50%だから仮想通貨やらないみたいな人いるでしょ?

税金が50%とかって数千万稼いだ時の話でしょ?

あなたは仮想通貨でいくら稼ぐ気なの?

税金を気にするのであれば

 

株はNISAを含まなければ、課税されますよね?

NISA枠使い切ったのなら、

株より仮想通貨の方が税金面で得な人がいるのでは?と思います。

(仮想通貨の税金は年間の収入により変化します)

 

でも仮想通貨をやらない人が多いのですよね。

要するにこれはタバコの話と同じで

仮想通貨をやらないを選択しているので

自分の投資を正当化しているのですよね。

このようなブログは偏見が入っているなって

思って読むようにしてます。

 

仮想通貨はバブルだから

結論としてはバブルは読めない。

読める人がいるなら、

仮想通貨でも日本株でも米国株でもどれでもいいので

次の暴落を〇〇年〇月でいいので教えてください。

要するに、読めないバブルについて言及している時点で

やらない理由を探しているように見える。

まあ、実際仮想通貨をやっててバブルだと思うけど

弾けるのが明日なのか来年なのかわからん。

日本株も米国株もバブルっぽい感じだが

いつ弾けるかわからん。

 

過去に〇〇があった仮想通貨は危険

過去にあった悪い例だけを出して、仮想通貨を否定する人いるけど

仮想通貨はテクノロジーの進化の一つです。

 

たとえば、

昔、音楽を聴くのは

カセットテープとかCDだったけど

現在音楽を聴くためにカセットテープを使用している人ってほとんどいないよね。

 

昔、写真を取るなら

使い捨てカメラだったけど

今は使い捨てカメラ使用する人はほとんどいないよね。

だいたい、デジカメかスマホだよね。

 

技術の進歩でマーケットや我々の生活が大きく変わってきました。

技術の進歩で仮想通貨が今後使われる可能性があるんですよ。

もちろん、歴史上で目立つことなくすたれてしまった技術は

あっただろうし、

仮想通貨も今の一瞬の流行で他の技術が適応されるようになるかもしれない。

こればかりは未来のことなのでわからない。

だから、過去の悪い例ばかり出しているのは

一方向からしか見れていないのです。

 

終わりに

長くなったけど、要するに

ブログは個人の考えを書くところだから好きに書いていいと思うし

ブロガーは僕を含めてみんな自分の意見が正しいと思って書いている。

個人の意見なので僕も含めてみんな多少偏見が入っているよ。

だから、読者はブログを鵜呑みにするのではなく

自分で考えて、ブロガーの偏見などを理解して読みましょうって話でした。

 

Let’s enjoy investment life




大変励みになります。今日も応援のクリックお願い致します
↓  ↓  
にほんブログ村 株ブログへ


長期投資ランキング


よろしければライン@の登録をよろしくお願い致します。
こちらのライン@では不定期で
ブログでは書けないことや書かないことを配信しております。
興味のある方はぜひ登録してみてください。



PCでご覧の方は、こちらのQRコードから



スマホでご覧の方は、こちらのボタンから
友だち追加

 

 

 

 

 



2件のコメント

    • ご指摘ありがとうございます。申告不要だけど非課税にはならないということですね。修正しておきます。また、住民税の申告は必要ということですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください