ホーム » おすすめ株 » すかいらーく(3197)の総合利回りが6%超え!株主優待が券からカードに変更

プロフィール



ぜんぜん

田舎に住む30代の
理系院卒会社員です。
すでに結婚しており
子供も一人います。

日々の生活では
できるだけ節約をして
そのお金で株などを購入して
株主優待や配当金を得て
資産を増やし続けることを
目標としています。

読者の方には有益な情報を
発信できるように
心がけていきますので
宜しくお願い致します。

資産の推移
2013年12月  980万円
2014年12月 1310万円
2015年12月 1560万円
2016年12月 2020万円
2017年12月 2500万円

自己紹介はこちらから↓
https://zennwa3.com/self


アクセスランキング

アーカイブ

follow us in feedly

PVアクセスランキング にほんブログ村

すかいらーく(3197)の総合利回りが6%超え!株主優待が券からカードに変更


ぜんばんは

ぜんぜんです。

さて、今回は

1クリック応援お願いします!
↓好きなジャンルを押してください!
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ
にほんブログ村 株ブログへ

スポンサードリンク

すかいらーく(3197)の株主優待

100株以上保有で

6月末に3000円分、12月末に3000円分の優待カード

 

300株以上保有で

6月末に9000円分、12月末に11000円分の優待カード

 

500株以上保有で

6月末15000円分、12月末に18000円分の優待カード

 

1000株以上保有で

6月末33000円分、12月末に36000円分の優待カード

 

100株購入するには約16万円必要で、総合利回りは6.27%です。

300株購入するには約47万円必要で、総合利回り6.70%です。

500株購入するには約79万円必要で、総合利回り6.66%です。

1000株購入するには約157万円必要で、総合利回り6.85%です。

(2018年5月時点)

 

単純に利回りの高さで買うなら、1000株ですね。

ただし、150万円以上をすかいらーくに投資することを

自分の資金力やポートフォリオを見て考えましょう。

ちなみに、僕は100株持っています。

 

 

すかいらーく(3197)の配当

過去の配当の推移は以下の通りです。

2014年の配当金が 0円

2015年の配当金が33円

2016年の配当金が38円

2017年の配当金が38円

2018年の配当金が38円

 

 

すかいらーく(3197)の株式情報

ファミレスの最大手の会社です。

主力は「ガスト」です。

 

グレアムのミックス係数は44で大きい値です。

グレアムのミックス数がわからない方はこちらから↓

グレアムのミックス係数を知りました。正直、目からうろこですわ。

 

自己資本比率は39.3%でやや低いです。

 

ROE(自己資本利益率)は14.13%で大きい値です。

ROE(自己資本利益率)がわからない方はこちらから↓

【株用語】近年、数ある経営指標の中で最も注目されているROE(自己資本利益率)とは

 

利益率は8.01%でこちらもそこそこ大きいと言えます。

 

こちらの株を簡単に独断と偏見で

A~Eの5段階評価でランク分けするとこんな感じです。

利回り A

割安株 D

安全性 D

ROE B

収益性 B

 

すかいらーく(3179)は株主優待による利回りの高さが魅力的ですね。

収益性やROEの数値も悪くないので

業績は安定しています。

 

まとめ

すかいらーく(3179)は総合利回りが非常に高い。

経常利益やROEもそこそこ高い。

 

総合利回り高い優待株

株主優待でクオカードと買物券が貰えるブロードリーフ(3673)について

 

Let’s enjoy investment life!




大変励みになります。今日も応援のクリックお願い致します
↓  ↓  
にほんブログ村 株ブログへ


長期投資ランキング


よろしければライン@の登録をよろしくお願い致します。
こちらのライン@では不定期で
ブログでは書けないことや書かないことを配信しております。
興味のある方はぜひ登録してみてください。



PCでご覧の方は、こちらのQRコードから



スマホでご覧の方は、こちらのボタンから
友だち追加



2件のコメント

  1. こんにちは、メリー喜多川です。

    すかいらーくの資産のかなりの割合を実態の無い資産である「のれん」が占めています。
    のれんを資産と考慮しなければ、債務超過の状態です。
    また、過去に株主無視の上場廃止をした過去もあります。
    昨年の株主優待の大幅拡充も、大株主のファンドが株を売却する直前に行われたものであり、そしてその売却は全て終わっている(当初の優待拡充の理由は無くなった)ことを留意が必要です。
    ある意味、個人株主を株主優待で操っているとも取れます。
    ほぼ日本国内でしか営業していないにも関わらずのれん代の償却を逃れるためにIFRSを採用していたり、不誠実な感もあります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイト内ランキング

広告