仮想通貨

【仮想通貨】LSK(リスク)の特徴とETH(イーサリアム)との違い

おはようごぜんます。

ぜんぜんです。

さて、今回は仮想通貨のLSK(リスク)の特徴と

LSK(リスク)とよく似ているETH(イーサリアム)との違いについてです。

分散型プラットフォームとは

分散型プラットフォームとは非中央集権型でプラットフォームがあるものです。

すみません、いきなり難しい言葉を使いました。

非中央集権って何だ?って方は

↓こちらの記事がわかりやすいです。

中央集権型(XRP)、非中央集権型(BTC)、どちらが社会に受け入れられるのか考える

中央集権型とは代表的な仮想通貨はXRP(リップル)ですね。

逆に非中央集権型BTC(ビットコイン)やETH(イーサリアム)などですね。

ちなみに、BTC(ビットコイン)とETH(イーサリアム)どう違うねん!っていう人は

↓こちら記事がわかりやすいです。

イーサリアムとビットコインの違い

こちらの記事の途中にあるイメージ図を見ると

プラットフォームのイメージがわかりやすいと思います。

LSK(リスク)は非中央集権でプラットフォームがあるのです。

そうすると、ETH(イーサリアム)も非中央集権でプラットフォームあるなら

LSK(リスク)とETH(イーサリアム)どう違うんだ?って話になりますよね。

 

LSK(リスク)とETH(イーサリアム)の違い

LSK(リスク)の開発言語は情報系でよく使われているJavascript

Javascriptとはプログラミング言語の一つです。

聞いたことぐらいはあると思います。

プログラミングは僕の専門でも何でもないでの詳しくないですが

Javascriptはプログラミング言語でそれなりに多く使用されています。

一方でETH(イーサリアム)は独自の言語を使用しています。

LSKはJavascriptを使用してますので

多くの方が参加しやすいことになります。

 

LSK(リスク)にはサイドチェーンがある

ETH(イーサリアム)には無くて、LSK(リスク)にあるものはサイドチェーンです。

メインのブロックチェーンがあり、そこからサイドチェーンが分かれて出て来ます。

これにより、ハッキングの対策ができたり、チェーンの速度を早くしたりできるのです。

ちなみに実際、ETH(イーサリアム)は過去ハッキングがありました。

 

 

 

先日の記事で紹介した通り、個人的にLSK(リスク)はオススメです。

仮想通貨Lisk(リスク)で年間利回り約20%を貰う方法

皆さんも買ってみてはどうでしょうか?

 

まとめ

LSK(リスク)は分散型プラットフォームである。

LSK(リスク)とETH(イーサリアム)の違いは

Javascriptで開発していることとサイドチェーンがあること

いくで!やるで!LSK(リスク)買い増しや!

 

Let’s enjoy investment life


大変励みになります。今日も応援のクリックお願い致します
↓  ↓  
にほんブログ村 株ブログへ




長期投資ランキング


よろしければライン@の登録をよろしくお願い致します。
こちらのライン@では不定期で
ブログでは書けないことや書かないことを配信しております。
興味のある方はぜひ登録してみてください。



PCでご覧の方は、こちらのQRコードから



スマホでご覧の方は、こちらのボタンから
友だち追加