育児

男性は育児休暇の取り方をよく考えるべき!育児休暇で社会保険料を免除してもらいました!

 

ぜんばんは!

ぜんぜんです。

さて、今回は男性は育児休暇の取り方をよく考えるべき!

育児休暇で社会保険料を免除してもらいました!という話です。

過去の記事で書いた育児休暇の取得方法を実際にやってみました!

社会保険料の免除についてはこちらから↓

育児休暇を取って社会保険料を免除する方法

資産を増やすために最も良い育児休暇の取り方はこちらから↓

資産を増やすために最も良い育児休業の取り方とは?

 

育児休暇取得に伴う社会保険料免除について

上の記事で書いていますが

端的に書くと

『月末に育児休暇を取ると

その月の社会保険料(健康保険料と厚生年金保険料)が免除される』

というものです。

そこで、ボーナスを貰える12月の月末に育児休暇を取ると

ボーナスと12月の給料の

社会保険料(健康保険料と厚生年金保険料)が免除されるのです。

 

 

実際に12月末に育児休暇を取りました

上記の育児休暇の取り方ですが、

一人目の子供が生まれた時は知りませんでした。(情弱)

なので、今回が初めてです。

実際に12月28日から1月10日まで育児休暇を取りました。

 

 

 

 

 

12月の給料と賞与(ボーナス)で払った社会保険料(健康保険料と厚生年金保険料)が

1月の給与にて返金されました!!

どうやら雇用保険と所得税は返金されないみたいですね。

しかしながら、このキャッシュバックは非常に大きいです。

(てか社会保険料高いよね)

これで資産が増えるぜ!

いくで!やるで!VTI買い増しや!

もちろん、次回は6月に育児休暇を取る予定です。

 

ちなみに、年金額に関しては保険料を払ったものとして計算されます。

したがって、これにより年金の受け取りに不利益はありません。

 

 

過去の記事でも書いていますが

本来の育児休暇の取り方ではありません。

しかしながら、子供の教育費にはかなりお金がかかりますので、

将来のことを考えて

このような育児休暇の取り方もあるということを知っておき、

選択肢の一つとして考えてみても良いと思います。

 

まとめ

月末に育児休暇を取れば社会保険料を免除できる。

 

 

Let’s enjoy investment life


大変励みになります。今日も応援のクリックお願い致します
↓  ↓  
にほんブログ村 株ブログへ




長期投資ランキング


よろしければライン@の登録をよろしくお願い致します。
こちらのライン@では不定期で
ブログでは書けないことや書かないことを配信しております。
興味のある方はぜひ登録してみてください。



PCでご覧の方は、こちらのQRコードから



スマホでご覧の方は、こちらのボタンから
友だち追加