育児

今の日本で子供二人育てることはお金と時間を考えるとかなりハードモードです。

ぜんばんは

もうすぐ2歳のお兄ちゃんが寝言で夜泣きします。

そして、生まれて1週間ちょいの娘も夜泣きします。

あまり寝れないです。

結構つらいです。

さて、今回は今の日本では子供二人育てるのってお金と時間を考えるとかなりハードモードです。

・夫が正社員で妻が非正社員の場合

これについてはせっかちパパさんが分析しています。

日本という国で、子供2人を育てる適正年収をレポート

夫は30歳で650万の年収と

妻は子供が小学校に入学してからパートで年収100万稼ぐという条件だと可能だという。

30歳で年収650万を超えるサラリーマンなんてほとんどいません。(10%くらい)

ほとんどの場合は奨学金という借金に頼るしかなくなる状況になります。

お金で苦労します。質素倹約な生活を努めましょう。

 

 

・夫と妻が両方正社員の場合

おそらく金額面では問題ないと考えられますので、割愛させて頂きます。

しかし、時間的にとても厳しいです。

簡単にいうと育児と仕事の両立が難しくなってきます。

 

子供が保育園に通っている期間は

夫婦どちらかが毎日17時に定時退社が必要です。

夫と妻で週2,3回で分けるか、夫か妻どちらかが毎日定時退社する必要がある。

 

子供は保育園で病気を貰ったりなどですぐに体調が悪くなります。

子供が保育園に行けない場合は

夫婦どちらかが有休を取らなければなりません。

夫が出張なら妻が必ず有休を使用して子供の面倒を見ないといけません。

妻が大事な会議なら夫が子供の面倒を見ないといけません。

 

子供は午後から急に発熱したりします。

暴風警報が発令され、保育園から帰宅させられたりもします。

これらの場合も夫婦どちらかが早退しなければなりません。

 

ここまでの話は子供一人の場合で起こることで

実際に僕の子供や同期の話を聞くとこんな状態です。

我が家では嫁に対応してもらっています。

 

子供二人になるとこれが2倍になります。

したがって、夫婦両方正社員の場合は

定時に帰りやすく、有休がとりやすく、早退しやすい職場環境や

職業に就いた方が良いです。

夫婦で正社員を目指すのであれば、給料が多少低くてもいいから

ホワイトな会社に就職する方が良いと思います。

片方がブラック企業だとかなり難しいと思われます。

 

夫婦両方正社員の場合は二人目の子供が小学校まで行けば

そこからはある程度、楽になると考えられます。

二人目を小学校に入学する所までが非常にハードモードです。

ファミリーサポートセンターなどを使ってみるのも

解決策の一つです。

ファミリーサポートセンター使ってみた!子育てで忙しいなら利用すべき! ぜんばんは! ぜんぜんです。 さて、今回はファミリーサポートセンター使ってみたという話です。 ...

 

 

まとめ

今の日本で子供二人を育てるには

夫婦どちらかが非正社員の場合はお金で苦労するので、

質素倹約な生活をした方が良い。

夫婦両方が正社員の場合は保育園期間の育児がとても大変です。

祖母、祖父に育児を依頼することや

多少お金を使ってでも良いからベビーシッターなどに頼むのも良いかもしれません。

 

 

Let’s enjoy investment life


大変励みになります。今日も応援のクリックお願い致します
↓  ↓  
にほんブログ村 株ブログへ




長期投資ランキング


よろしければライン@の登録をよろしくお願い致します。
こちらのライン@では不定期で
ブログでは書けないことや書かないことを配信しております。
興味のある方はぜひ登録してみてください。



PCでご覧の方は、こちらのQRコードから



スマホでご覧の方は、こちらのボタンから
友だち追加