雑記

飲酒運転をやめさせる方法!短距離でも飲酒運転すべきではない!

ぜんばんは!

ぜんぜんです。

さて、今回は飲酒運転をやめさせる方法!

短距離でも飲酒運転すべきではない!という話です。

皆さんの周りに飲酒運転をする人はいませんか?

僕の住んでいる地域は

警察の方の話だと飲酒運転が多い地域です。

また、数年前知り合いが飲酒運転で警察に捕まってしまいました。

ということで

今回は飲酒運転をやめさせる方法について書きます。

 

飲酒運転することは割に合わないことを説明する

とにかく、飲酒運転をすることは割に合わないです。

警察に見つかってしまっても大変ですし

もし、人に怪我でもさせてしまったら

人生がほぼ終わります。

なので短距離でも

飲酒運転はすべきではありません。

また、同乗者や飲食店も罪に問われてしまいます。

 

 

飲酒運転の罰則

酒酔い運転:5年以下の懲役または100万円以下の罰金

違反点数35点→免許取り消し、欠格期間3年

酒気帯び運転(0.25mg以上):3年以下の懲役または50万円以下の罰金

違反点数25点→免許取り消し、欠格期間2年

酒気帯び運転(0.15~0.25mg):3年以下の懲役または50万円以下の罰金

違反点数13点→免許停止90日

上記は過去に違反が無いのが条件です。

過去に事故や違反がある場合は期間がさらに増加します。

詳しくはこちらから↓

http://www.x-talk.co.jp/dokohou/21.06.01.kaisei.htm

 

酒気帯び運転でも0.25mgで2年間免許の欠格です。

欠格期間は免許所得はできません。

 

飲酒運転の同乗者の罰則

飲酒運転は本人だけでなくて同乗者にも罰則があります。

酒酔い運転:3年以下の懲役または50万円以下の罰金

酒気帯び運転:2年以下の懲役または30万円以下の罰金

 

お店の罰則

お酒を提供したお店も罰則があります。

酒酔い運転:3年以下の懲役または50万円以下の罰金

酒気帯び運転:2年以下の懲役または30万円以下の罰金

 

先日、僕が行った居酒屋では代表者が

飲酒運転しないという誓約書ようなものに

名前を書くように言われました。

 

飲酒運転で事故してしまった場合

物を壊したり、人にけがをさせてしまうと大変なことになります。

端的に言うと人生が終わる可能性が十分あります。

損害賠償が数千万円から数億円になる可能性がありますし

懲罰解雇に可能性も出て来ます。

任意加入の自動車保険が適用できない場合もあります。

社会的信用も大きく失います。

 

飲酒運転のデメリットが多くリスクが大きい

上記のように飲酒運転はデメリットがとても多く

リスクもとても大きいです。

飲酒運転は自分だけでなく周りの人にも迷惑をかけてしまいます。

面倒で多少お金がかかっても

飲酒運転以外の方法で移動しましょう。

 

飲酒したら絶対に運転しない、させない

飲酒したら絶対に運転しないようにしましょう。

代行を頼むか、徒歩やタクシーで帰りましょう。

また、周りの人が飲酒運転しようとしていたら

できるだけ止めましょう。

 

まとめ

飲酒運転をやめさせるには

デメリットが多く、リスクが多いことを説明しましょう。

 

Let’s enjoy investment life!


大変励みになります。今日も応援のクリックお願い致します
↓  ↓  
にほんブログ村 株ブログへ




長期投資ランキング


よろしければライン@の登録をよろしくお願い致します。
こちらのライン@では不定期で
ブログでは書けないことや書かないことを配信しております。
興味のある方はぜひ登録してみてください。



PCでご覧の方は、こちらのQRコードから



スマホでご覧の方は、こちらのボタンから
友だち追加