米国株

配当金生活するなら知っておくべき!高配当な米国株のメリットとデメリット

ぜんばんは!

ぜんぜんです。

さて、今回は配当金生活するなら知っておくべき!

高配当な米国株のメリットとデメリットについてです。

高配当銘柄が日本株に比べて米国株は多い

米国株は高配当な株が多いです。

米国株には配当利回りが5%を超える企業があります。

しかしながら、日本株には5%を超える企業はほとんどありません。

配当金生活をするなら投資先は利回りが高い方が良いでしょう。

 

 

米国株には連続増配期間が長い企業が多い

連続増配期間も日本株に比べて

米国株の方が長い会社が圧倒的に多いです。

50年以上増配を続けている企業が多数あります。

リーマンショックを受けても増配した企業が多数ありました。

日本で最も増配期間が長い「花王」でも30年未満です。

 

 

米国株に投資するデメリット

日本株に比べて税金や手数料等が高いです。

詳しくはこちらから↓

米国株は日本株に比べて売買手数料とドル転手数料と税金が不利

 

外国税額控除でいくらか控除できますが

確定申告するので手間と時間がかかります。

外国税額控除についてはこちらから↓

確定申告で外国税額控除してきました。外国株はまだまだマイナーだと感じました

僕自身も勉強不足で行ったので大変手間がかかりました。

勉強してから確定申告に行くようにしましょう。

 

配当利回りが高いことのデメリットを理解する

配当金生活をする上では配当利回りが高い株を選びがちですが

高配当にもデメリットがりますので

理解した上で保有しましょう。

配当利回りが高い株のデメリットはこちらから↓

配当利回りが高い株のデメリットについて、高配当株を買う前に知っておくべきこと!

 

まとめ

米国株は高配当で連続増配のものが多いが

税金や手数料などで不利な所がある。

 

Let’s enjoy investment life!


大変励みになります。今日も応援のクリックお願い致します
↓  ↓  
にほんブログ村 株ブログへ




長期投資ランキング


よろしければライン@の登録をよろしくお願い致します。
こちらのライン@では不定期で
ブログでは書けないことや書かないことを配信しております。
興味のある方はぜひ登録してみてください。



PCでご覧の方は、こちらのQRコードから



スマホでご覧の方は、こちらのボタンから
友だち追加