ホーム » 金融リテラシー » 貯金は安心で安定で損しないと思っている人は気をつけた方がいいと思います

プロフィール



ぜんぜん

田舎に住む30代の
理系院卒会社員です。
すでに結婚しており
子供も一人います。

日々の生活では
できるだけ節約をして
そのお金で株などを購入して
株主優待や配当金を得て
資産を増やし続けることを
目標としています。

読者の方には有益な情報を
発信できるように
心がけていきますので
宜しくお願い致します。


アクセスランキング

follow us in feedly

PVアクセスランキング にほんブログ村

貯金は安心で安定で損しないと思っている人は気をつけた方がいいと思います


おはようございます

今月のPV数は先月より多くなりそうですが

今月の訪問者は先月より少なくなりそうです。

何が言いたいかというと訪問者が見るページ数が増えたということです。

つまり、過去の記事を見てもらえるようになったということです。

これは嬉しいことですが

もっと新規の人を増やしたいと思っています。

検索での流入が少ないのでそこを増やすべきなのですが

SEOとかあまり勉強していないので、もう少し学ばないといけないかもしれません。

できればSEOとか学ばずに好きなことを書きたいのですが

多くの人に見てもらうにはもうちょっとSEOを学ぶ必要があるみたいです。

スポンサードリンク

今回は銀行に貯金やタンス貯金が損にならず本当に安定なのかについて

個人的な意見を書いていきます。

長期的な物価の変動について

まずはここ70年間の物価指数のグラフを見ましょう

このグラフは横軸が年で縦軸が物価指数となっております。

2015年の物価指数を100としています。

1947年と2015年を比べると約15倍の差があります。

1950年と2015年を比べても約8倍の差があります。

つまり1950年に100円で買えたものを

2015年に買おうとすると800円必要となります。

これをインフレをといい、物価が上がるということです。

長期的にみると物価は増加傾向にあることがわかります。

 

貯金と物価の変動について

インフレが進む、物価が上がると100万円で買えたものが

110万円、120万円と値上がりすることになり結果的に貯金が損となります。

逆にデフレが進めば、物価が下がるので100万円で買えたものが

90万円、80万円と値下がりし結果的に貯金が得となります。

物価が上がると貯金は損ということです。

 

まとめ

長期的にみると物価は上昇しているので貯金することは損になります。

また、現在日本政府はデフレ脱却や消費者物価指数を上げるなど

物価を上げる方向にシフトさせようとする動きがあることはニュース見ていればわかると思います。

日本政府が考えている通り物価が上昇すると貯金は損となります。

そうならないために投資することが大切だと考えています

 

ただ確かに、上のグラフを見るとここ20年ほどは

物価の変動がほとんどなく貯金が安心安定と感じると思います。

また、9年ほど前にはリーマンショックなどがあり

投資は一時的に大きく損をする可能性があるのも事実です。

 

僕の好きな言葉に

愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶ

というものがあります。

 

何が言いたいかというとここ数年の個人の経験ではなく、

もっと長期的な視点で資産運用を考えることが大切ということです。

そして長期的な視点で見ると貯金ではなく投資した方がいいと考えられます。

口座開設はこちらから↓

最後まで読んでいただきありがとうございます。




役に立ったという方はクリックお願い致します。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ


長期投資ランキング


よろしければラインの登録をよろしくお願い致します。
こちらのラインでは週一回程度
ブログでは書けないことや書かないことを配信しております。
興味のある方はぜひ登録してみてください。



PCでご覧の方は、こちらのQRコードから



スマホでご覧の方は、こちらのボタンから
友だち追加



2件のコメント

  1. こんにちは。
    これから日本は人口減少社会です。
    今まで長期的に物価が上がったから、これからも上がると考えるのは尚早だと思います。
    私は、円の価値が下がることによるインフレは起こると思いますが、普通にはインフレは起こらないと思います。
    日本人はもう消費を拡大させることはないでしょう。

    • ダルシム様

      コメントありがとうございます

      人口減少が物価に影響を与えると思いますが、物価は人口だけに依存するわけではなく、
      物価の変化に影響与える要因は他にも多くあります。
      (もちろん、その一つに円の価値も含まれています)

      物価の変化の全ての要因を考えて、それぞれの影響度合いを考えて
      将来を予想するのは不可能だと考えています。

      今回の記事で言いたかったことは(表現が悪かったですが)
      金融資産を貯金のみだと安心ではなく、
      将来がインフレなるのかデフレになるのか、円安なるのか円高なるのか、
      どうなるかはわからないのでバランス良く分散するのが安定だということです

      その中で僕個人はインフレに重きを置いた金融資産を保有していくつもりです

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

サイト内ランキング

広告