株の取引戦略

株を買うとき株主優待重視か配当金重視かそれぞれメリットとデメリットを考えてみた

こんばんは

妻からホワイトデーのお返しは焼肉がいいと言われましたぜんぜんです

おいしいプリンを作ってもらったので、家族3人で近々焼肉に行く予定です

どんなプリンだったかは下の記事に画像があります

(株)夢真ホールディングスの配当金が高い。

今回は株主優待と配当金について

それぞれのメリットとデメリットを書いていきたいと思います。

配当金

メリット

ものではなく、現金がもらえる

資産が増える

デメリット

NISAを利用しなければ、税金が2割ほど取られる

 

株主優待

メリット

税金が取られない

お米券やクオカードなどで出費を減らせる

お食事券で外食など多少の贅沢や楽しみができる

デメリット

有効期限があるものや、必要でないものがもらえたり、カタログギフトがいまいちだったりする

各個人で欲しいものがもらえるか検討が必要

 

まとめとしては

税金取られてもいいから資産増やしたいって人は配当金を重視すれば良い

また、出費を減らして資産を増やしたいのであれば

お米券やクオカードが株主優待でもらえる銘柄を選べば良い

ちょっと贅沢やいろいろ楽しみたいのであれば

お食事券やその他の株主優待がもらえる銘柄を選べば良い

 




 

これは僕だけが感じるデメリットかもしれないが

配当金と株主優待ではもらったときのうれしさが違う

配当金はパソコン上の画面で数字が増えるだけで

正直お金をもらえるという実感があまりない

一方で株主優待は実際にものが家に送られてくるので

ものがもらえるという嬉しさがありますね

長期保有するモチベーションになっている気がします

↓いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村


株式長期投資 ブログランキングへ