雑記

ローンと借金の違いとは

ぜんばんは

先日、会社の他部署の人と話す機会がありました。

どうやらその方は、最近家を購入したそうです。

不動産のお店の方に

「マイナス金利の今がチャンス」と言われて

家を購入されたみたいです。

もちろんローンを組んで買われたのですが、

ローンって借金だろ?よくそんなことするなぁって思いました。

もちろん、本人には言いませんでした。

さて、今回は「ローン」と「借金」の違いについてです。

「ローン」と「借金」の違いとは

結論から言うと、同じ意味です。

①3000万円のローンで家を買いました。

②3000万円の借金で家を買いました。

①も②も3000万円のお金を借りて、家を買ったので

状態としては同じです。

借りたお金を金利を含めて返すものです。

同じ意味であるならば、「ローン」という言葉は必要ないのでは?

と思う方がいると思います。

 

 

なぜ「ローン」という言葉が出てきたのでしょうか?

これは個人的な推測ですが

不動産や車を売る人が使い始めたのだと考えています。

 

上記の①と②を読んだ感想として

状態は同じだけど、①より②の方が悪いイメージに聞こえませんか?

「ローン」ってあまり悪いイメージがないと思います。

「借金」って悪いイメージありますよね。

ローンで家を買いませんか?と言われるのと

借金して家を買いませんか?と言われるのでは

前者の方が良く聞こえると思います。

 

これは企業の戦略で

「ローン」が関係するCMや広告で

綺麗なお姉さんや可愛い動物などを多用して

「ローン」という言葉に良いイメージをつけたのです。

実際、僕もローンの方がクリーンなイメージがあります。

ある意味、洗脳ですよね。

それにより、同じお金を借りる状態でも

借金は悪いこと、ローンは悪くないように聞こえるようになったのです。

これにより、不動産や車の営業の方は「借金」という言葉を使わず

「ローン」という言葉で売り上げを上げたのです。

 

「ローン」と「借金」は受け止め方が違う

上記のように「ローン」と「借金」では状態は同じだけど、イメージが違います。

僕の個人的な感覚では

「ローン」=返せそうなお金

「借金」=返せるか返せないかわからないお金

このようなイメージがあります。

 

プロ野球で借金1とか、日本の借金が1000兆円超えたとかは言いますが

プロ野球でローン1とか、日本のローンが1000兆円超えたとかは言いませんよね。

まとめ

「ローン」と「借金」は同じ意味です。

ただし、イメージや受け止め方が違います。

ローンで家を買うときなどは

「借金をして家を買うんだ」と言い直してみると

本当にそのものが必要かどうかわかるかもしれません。

また、他人が家を買ったときは

「借金をして買ったんだね」などとは言わず

「ローンで買ったんだね」って言うようにしましょう。

 

ちなみに僕の語彙力は低いです。

昨日初めて、「約定」が「やくてい」ではなく、「やくじょう」であることを知りました。

ニホンゴはムズカシイです。

 

Let’s enjoy investment life


大変励みになります。今日も応援のクリックお願い致します
↓  ↓  
にほんブログ村 株ブログへ




長期投資ランキング


よろしければライン@の登録をよろしくお願い致します。
こちらのライン@では不定期で
ブログでは書けないことや書かないことを配信しております。
興味のある方はぜひ登録してみてください。



PCでご覧の方は、こちらのQRコードから



スマホでご覧の方は、こちらのボタンから
友だち追加