支出を減らす

キャバクラやスナックに行きたがるサラリーマンの思考がよくわからない。

ぜんぜんです。

先日会社の人と話していたら

男性A「キャバクラで同伴して、開店から閉店までいたらボーナスの半分ぐらい使ったわ」

みたいなことを言っていた。

お金の使い道や価値観は人それぞれなので

僕は特に否定したりはしなかったが、

女性A「それって楽しいの?」って聞いていた。

男性A「マイナスから通常に戻すものだよ」と言っていた。

なるほど...

よくわからん。

というか会社に他にも多数キャバクラやスナックが好きな方いますが

正直理解できない。

僕のブログ読者の方は節約家が多いと思いますので

キャバクラやスナックにほとんど行かないと思いますが

今回はキャバクラやスナックで感じたことを書いていきます。

 

僕のキャバクラやスナックの経験

会社に入って3年目くらいまでは

部長や課長などに誘われるなど

付き合いで行かなければならないときは

数回行ったことがあるが

楽しみ方があまりわからなかった。

家に帰って無料のオンラインゲームしていた方が

楽しいです。

お金を払った以上に楽しめるとか情報が得られるなら良いが

そんなことが全くなかった。

ちなみに最近はできる限り行かないようにしています。

 

 

・共通の話題がない

理系のゲームが好きなオタク(非リア充)にとって

キャバクラやスナックの女性と共通の話題って

ほぼないのである。

中学校のクラスで言うと

ギャル集団の女子と真面目大人しい男子が

休み時間に普通に会話することなんてないだろ?

それと同じである。

理系の仕事の話とかしてもわからないでしょ?

投資とか株主優待とかふるさと納税の話とかしてもわからないでしょ?

当たり障りのない薄っぺらい話をするわけだが

というか、なんで俺が気を使って話をしないといけないのか?

こっちが黙ると相手も黙ってしまいます。

そっちは仕事でやっているのだから、

小話の一つや二つ持ってないの?

って聞きたくなります。

 

僕のブログの読者でキャバクラやスナックの女性ほとんどいないと思いますが

理系男子の会話で困っている人は

以下の動画を参考にして会話を振ればいいと思います。

たとえば「ウイスキーH2O割りで!」(ウイスキー水割り)

とか理系男子にウケます。(たぶん)

 

・やたらカラオケを進めてくる奴がうざい

オフ会で頑なにマイクを持たない奴っているでしょ?

それが僕です。

僕は音痴だし、歌うこと自体あまり好きではない。

けれども、キャバクラやスナックの女は

とりあえず歌わせとけばオッケーと勘違いしており

やたらカラオケを進めてくる。

あまりにしつこいので好きな歌を歌ったら

課長に

「相手に合わせて選曲しなければだめだぞ、

俺たちの時代は相手に合わせて、相手の好きな曲を覚えたんだぞ」

言われました。

相手に合わせて、好きでもない曲を歌うのか。

やはりサラリーマンはクソゲーだな

サラリーマンはやはりクソゲーすぎると再認識しました。

話はそれましたが、

歌いたくもないのにカラオケを進めてきて、

数回断らないと諦めない奴は何なんだ?

一回断ったらそこで引き下がれよ。

 

・料金が高い

まあ、これは言うまでもないが高い。

キャバクラやスナックに行くなら

街コンに言った方が良いと思います。

 

まとめ

キャバクラやスナックは非リア充が楽しめない場所である。

キャバクラやスナックに行かず支出を抑えましょう。

 


大変励みになります。今日も応援のクリックお願い致します
↓  ↓  
にほんブログ村 株ブログへ




長期投資ランキング


よろしければライン@の登録をよろしくお願い致します。
こちらのライン@では不定期で
ブログでは書けないことや書かないことを配信しております。
興味のある方はぜひ登録してみてください。



PCでご覧の方は、こちらのQRコードから



スマホでご覧の方は、こちらのボタンから
友だち追加