ホーム » 金融リテラシー » アメリカ人と日本人の投資割合を調べた結果!日本人は貯金が多く、アメリカ人は投資が多い

プロフィール



ぜんぜん

田舎に住む30代の
理系院卒会社員です。
すでに結婚しており
子供も一人います。

日々の生活では
できるだけ節約をして
そのお金で株などを購入して
株主優待や配当金を得て
資産を増やし続けることを
目標としています。

読者の方には有益な情報を
発信できるように
心がけていきますので
宜しくお願い致します。

資産の推移
2013年12月  980万円
2014年12月 1310万円
2015年12月 1560万円
2016年12月 2020万円
2017年12月 2500万円

自己紹介はこちらから↓
https://zennwa3.com/self


アクセスランキング

アーカイブ

follow us in feedly

PVアクセスランキング にほんブログ村

アメリカ人と日本人の投資割合を調べた結果!日本人は貯金が多く、アメリカ人は投資が多い


ぜんばんは!

ぜんぜんです。

さて、今回はアメリカ人と日本人の投資割合を調べた結果!日本人は貯金が多すぎ!

という話です。

1クリック応援お願いします!
↓好きなジャンルを押してください!
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

にほんブログ村 株ブログへ

スポンサードリンク

資金循環の日米欧比較

資金循環の日米欧比較という資料があります。

こちらの資料には

日本と米国(アメリカ)とユーロエリアの家計の金融資産構成のグラフがあります。

それがこちらになります。

日本が圧倒的に現金と預金が大きいですね。

そして、他国に比べて株式が圧倒的に少ない。

逆に米国(アメリカ)の人は現金・預金が少なくて

株式が多いです。

投資信託も他国に比べて日本は割合が少ないです。

 

 

なぜ日本の預金や現金が多い比率が多いのか?

日本ではお金の教育がなく

マネーリテラシーが低いので

結果的に現金と預金の比率が大きいのだと考えられます。

また、お金に対して悪いイメージが多いのも原因だと考えています。

これは過去の記事に書いています。

日本人のお金に対するイメージが悪い!考え方を変えるべき!

海外では小学生ぐらいからお金の教育がある国もあるみたいです。

日本は先進国の中でもマネーリテラシー低いのと言われているので

その結果が上記のグラフに表れていると考えられます。

 

マネーリテラシーを高めることが大事

マネーリテラシー高めることですね。

つまり、お金についての知識と判断力を自分で学ぶことです。

そのためには行動することが一番大事です。

実際に投資をやったり

本で勉強したり

いろんな投資家のブログを読んだり

勉強と行動を同時に進めていくと

大きな成長に繋がります。

 

まとめ

日本人は現金・預金が多い。

お金の知識や判断力を身に付けるために行動すべし!

 

Let’s enjoy investment life!




大変励みになります。今日も応援のクリックお願い致します
↓  ↓  
にほんブログ村 株ブログへ


長期投資ランキング


よろしければライン@の登録をよろしくお願い致します。
こちらのライン@では不定期で
ブログでは書けないことや書かないことを配信しております。
興味のある方はぜひ登録してみてください。



PCでご覧の方は、こちらのQRコードから



スマホでご覧の方は、こちらのボタンから
友だち追加

 

 

 

 



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください